top of page

小学生のお勉強ってどれくらい重要?

更新日:2021年7月4日


こんにちは、戸塚駅前にある学童保育を併設した学習塾、代表のぼろんたです。


みなさん、小学生のころお勉強してましたか?

私はしてませんでした笑

なぜかと言うと、長崎の小さな島

でその当時は過ごしていたからです。

めちゃくちゃ自然溢れるいいところです!



もちろん、当時は塾なんてありません。

コンビニもありません。

島にあるのは中心地にあるスーパーのみ。

あとは山と海。

そんな自然に囲まれて毎日、虫を取ったり、釣りをしたりと楽しい毎日を過ごしていました。

今思い出しても人生の中で一番楽しかった時期かもしれません。

勉強の必要性なんて皆無です。

このまま島で過ごして大人になるのかな?

と思っていました。


しかし!

転機がやってきました。

父の仕事の関係で中学2年生の時に横浜へ転校することになったんです。

横浜の都会っ子たちはどんくらい勉強できるんだろう?

と思っていましたが、想像の遥か遥か上を行ってました笑

私も負けじと塾に通い始め、苦労しましたがどうにか志望校に合格することができました。


小学生のころはほんと楽しかった。

でも、勉強ももっとやっていればよかった。

そう思います。



大人になっても勉強はいくらでも出来ますが、記憶力や思考力は衰えていきます。

子どもは鍛えれば鍛えるほど能力を開花していきます。

それは勉強だけでなく、スポーツも習い事も同じです。

早ければ早いほどいいです。

ただし、子どもを指導する優秀な人につけるかと言うことも同じくらい重要な要素です。


話は変わって先日、体験生の保護者と面談しました。


「うちの子算数も国語も全く出来ないんです、ぼろんた先生どうしたらいいでしょうか?」


と言う相談を受けました。

共働きをしているので、つい最近まで地元の民間学童に通っていたそうです。

小学1年生のころから小学3年までとても楽しく通っていたみたいですが、勉強に関しては特にサポートなく今まで過ごしてきてようです。

算数の計算が遅い、漢字が書けない、文章題ももちろん苦手、、、。


「もちろん、今から通っていただいても十分学力を伸ばせます。そのための塾です。お任せください。」


と伝えました。

ちなみにこの話の後、入会になりました。


私としては、小学生のころは遊び中心でいいと考えます。

遊びから学べることはたくさんあります。むしろ小学生の間しか自由に遊べる時間はありません。

中学生になると部活と塾と本当に忙しい毎日が待ってます。



ただし、小学生の間に勉強する習慣や基礎力はつけておいて間違いないです。

勉強の楽しさを知ってもっと勉強したいってなったら保護者としては最高じゃないですか?先々、受験をしよう!と本気で思った時に必ず役に立ちます!


共働きの保護者に貢献したい、預かるからにはお子さんの学力もつけてあげたい。

そんな想いから学童保育を併設した学習塾、ボロンタkidsを立ち上げるに至りました。

子どもたちの成長がやりがいです。




戸塚駅前学童保育併設学習塾 

ボロンタKids


ぼろんた(代表)


閲覧数:54回

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page