top of page

作文やブログの書き方教えます

こんにちは、戸塚駅前にある学童保育を併設した学習塾、代表のぼろんたです。


今日はめちゃくちゃ嬉しい出来事がありました。


それは


Googleで【学童 戸塚】を検索した結果


とうとう8位になりました!


10位以内に入れば検索画面の一枚目に出て来ます!


本当にめっちゃくちゃ嬉しいです😂


苦節3か月。

5月にホームページを開設して、どうやったらGoogle検索で出てくるのかも知らなかった状態でした。

いろいろ本を買って調べたり、ネットで調べたりしました。

ただし、どれも的を得た答えはなかったです。

思考錯誤しましたが、開設当初は【学童 戸塚】でかすりもしない状態でした。

そこで慧真館の岸本先生にアドバイスを求めました。

ぼろんた「どうやったらGoogle検索で上位に来るのか教えて欲しいんだけど」

岸本先生「ブログをできる限り毎日書くことが大切だよ、自分の想いを載せて書いていけば自然と検索も上位になるし、一石二鳥だから頑張って!」

その後はできる限り毎日コツコツとブログを書くことにしました。

普段生徒たちに作文の書き方を指導しているので、文章を書くのは得意です。


文字にして書くことで自分の想いも再確認でき、保護者にもぼろんたがどんな人なのかを伝えることができます。


まさに一石二鳥。

いやGoogleの検索順位も上がるから一石三鳥です!

せっかくなので今回は作文やブログなどの文章を簡単にかける手法を国語の先生として解説します。




①まずは伝えたいことを複数書きだします。


複数書きだすことがポイントです!

例えば

個別相談会

キャンペーンのお知らせ

中学受験コース

勉強のやり方


作文、ブログの書き方

などなど


②その中から題材を一つ選びます。

選ぶ基準は今一番伝えたいことです。


もしくは書きやすいものでもいいです。


自分が知らないことは書かない方がいいです。


筆が進みません。


③次に選んだ内容を具体的に膨らます。

今回の内容だと

ブログや作文の書き方について具体的に書きます。


あくまで下書きなので、適当に書いてオッケー👌


④文章の構成を考えます。

基本は序論・本論・結論です。

文章のはじまり➡具体的内容➡まとめ


なるべくシンプルに!


⑤後は心の赴くままに下書きをします。

とにかく思ったことを書き綴ります。


想いや伝えたいことがあればスラスラ出て来ます。


その時に意識していることは難しい言葉は使わないこと。


一文はなるべく短く端的に書くこと。


読みやすさを意識して書きます。

⑥最後に書いた文章を読み直します。←ここが重要です!

必要に応じて誤字脱字や、無駄な言葉があれば省く、加筆が必要であれば加筆する。

読んでみて違和感を感じるようであれば書き直します。

⑦ブログの場合だとあとはこれに写真を入れます。


なるべくタイトルに見合う写真にします。


タイトルと同じくらい大切です。


以上です。

大体1本作製するのに1時間から2時間くらいかかります。

毎回苦労して書いていますが、閲覧者数の数が増えているのをみると嬉しくなります。

書いたブログも人気があるものもあればあまり人気がないものもあります。

やはり読者の興味関心があるものを書くと言うことは非常に重要です。

このようにコツコツブログ書くこと40本。

そのおかげでGoogleの検索結果も徐々に上昇しました。

ただし、Googleの検索結果も日々更新されるのでちょっとサボるとすぐ検索順位が下がります。

現在は8位ですが、最終目標は【戸塚 学童】で1位です!

※最上位は横浜市の学童のページなのでこれを越えるのは相当先かも知れませんが、、、。

自己満足な内容ではなく、読んでくださる皆さんに有意義な内容にしていきたいと思っています。

また、ボロンタキッズでも子どもたちに作文を書かせることを先々考えています。

文章を書くことを苦手にしている子どもがとても多いです。


そんな子どもたちに想いを文字にして人に伝えることの大切さを伝えていきたいです!


今後もぼろんたブログよろしくお願いいたします。



読んでいただいてありがとうございます!


では、また次回。


※問い合わせはホームページにあるLINE公式アカウントがおススメです!気づいたらすぐ返信致します。メールでの問い合わせもしています。

携帯電話も載せていますが、仕事中で出れないことが多いです。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。



「意志あるところに道は開ける」


戸塚駅前学童保育を併設した学習塾



ボロンタKids🐾


ぼろんた(代表)


閲覧数:69回

最新記事

すべて表示
bottom of page